6.19 BRANCH最終プレゼン

地域住民3世代の中の一人、お子ちゃまのお帰りです。
地域住民3世代の中の一人、お子ちゃまのお帰りです。

BRANCHイベント企画、いよいよ最終プレゼンテーションです。

 

ユニークなところは、クライアントであるBRANCHのみなさま(4名)だけでなく、地域の活性化を推進するNPOの方1名、地域にお住まいの方3名(3世代)にお越しいただいたところで、地域住民との多世代交流を掲げるBRANCHのプレゼンには最高のセッティングとなりました。

 

プレゼンのあとの質疑応答ではさまざまな意見がだされ、また、追加提案などもあり、有意義なミーティングとなりました。

何より、住民の方からも貴重な意見を聞くことができたことがよかったです。

 

最終的に1案に絞られ、今日のプレゼンテーションはめでたく終了。来週から実施に向けてブラシアップしていきます。

 

 

6.17 2009年の世界陸上

60秒CMをつくるにあたって「世界陸上2009での佐伯選手の感動的シーン」と、カンヌ国際広告祭で金賞を受賞した「九州新幹線全線開通」のCMをみて各自で感想を述べあいました。

予想通り対極の感想がでて、みんなに伝わるクリエーティブは難しいってことが実感できたゼミでした。



6.10 こうべ海の盆踊り

中央区役所の川口さん、木村さんと、毎度お世話になっている+Cの戎さんにお越しいただいて、「こうべ海の盆踊り」を地元の人の力を借りながら盛り上げていくにはどうしたらいいかを検討しました。

具体的なことはまだ書けませんが、参加したゼミ生8人も積極的に意見を出して、頼もしい限りです。


また、限られた予算に縛られることなく、やりたい企画を実現するために企業の支援を仰ぐということになり、昨年より一段とスケールアップしそうで楽しみです。

 

 

6.10 何が問題か・・・

先々週の「テーマとコンセプト」という話から、具体的な作品づくりに向かいます。


きょうは、さまざまなCMをみたあとで、身近な問題から社会的な問題まで、いま感じている問題を各自であげて、ひとつ一つの問題が、個人的と社会的のあいだでどの位置になるか、みんなで検討しました。



6.8 出口織ネーム、いってきました!

昨年の11月から進めてきた、しあわせの村のオリジナルブランド プロジェクト。

きょうは、石川県白山市にある出口織ネームで商品ラベルの打ち合わせです。

いよいよ具体的な形がみえてきました。

7月にお披露目の予定です!



6.5 BRANCH企画 中間発表の結果

8月9日(日)にBRANCHで開催するイベントの企画案について、先週(5月29日)、3名のBRANCHのみなさんにお越しいただき中間発表をおこなった、その結果についてクライアントの田中さんからお聞きしました。

 

 田中さんが来る前に、各自、「自分がやってみたい案」と「クライアントが採用すると予想される案」を1案ずつ上げて、その理由を述べあいました。

票が入ったのは全11案のなかで5案でしたが、これによって各案のいいところが再確認され、中間発表のときに十分説明し尽くされてないことも明らかになりました。

 

その後、田中さんが来られてからクライアントの採択案を発表してもらいましたが、選ばれた4案のうち2案が、私たちが「自分がやってみたい案」と「クライアントが採用すると予想される案」のどちらにも選ばなかった案でした。

予算的なことが原因の一つに挙げられますが、それにしても面白い結果となりました。

 

授業の後半では、中間発表のときに十分に伝え切れてないところを田中さんに説明し、最終的には選ばれた4案+こちらの推薦案で最終プレゼンさせていただくことになりました。

 

 

6.3 紙芝居リメイク

「つなみてんでんこ」リメイク中!



6.3 トランクデザインの堀内さん

垂水で地域に密着したデザインショップを経営するトランクデザインの堀内さんにお越しいただき、仕事についてのさまざまな話をしていただきました。


デザインの基本は、問題をさまざまな視点で考えつくすことにつきるなぁと、あらためて思いました。


また、夢を持つことも大切で、その夢に期限を付けることも重要です。

ユニークな会社形態なども、とっても興味深いお話しでした。学生のみんなも、ぜひ参考にしてほしいですね。



6.2 松山南高校砥部分校に出張授業

愛媛県の松山南高校砥部分校に出張授業でいってきました。

デザインを志す生徒40名(1年生)に、「未来の自分を探そう」というタイトルで、広告デザインとアートプロジェクトを紹介し、3年後の自分へのメッセージをトゥギャザーマンに書いて(描いて)終了しました。

できたトゥギャザーマンを並べると、「友達がそんな将来を考えていたのか、はじめて知った」などの感想がでて、盛り上がりました。

できればどこかに展示したかったのですが、時間がなくて今回はここまで。

先生、預かっておいて、卒業の時にでも生徒に返してあげてください。